最近の記事 / タイトルクリックで全文表示

軍国主義者は『9条護憲運動家』のほうだ

カテゴリ:護憲運動家の正体
「九条改正反対」論者は「平和主義者」ではなく、軍国主義者。憲法9条改正派こそが真の平和主義者です。9条護憲運動家の正体を見極めよう、そして彼らに騙されない様に注意しようシリーズ(その2)...

福田恆存の評論集より

カテゴリ:護憲運動家の正体
平和主義者の核は共産主義者であり、その周辺は平和ボケ。9条護憲運動家の正体を見極めよう、そして彼らに騙されない様に注意しようシリーズ(その1)。福田恆存評論集第八巻「知識人の政治的言動」を紹介します。(新仮名遣いで表記しました。)...

岡本行夫/国際社会の中での日本のあるべき姿

憲法改正より先に、日本人が渡らねばならない二つのルビコン川がある。『2020年 日本のあり方--21世紀世代への7つの提言』(東洋経済新報社 2008年発行)第六章岡本行夫教授の『国際社会の中での日本のあるべき姿』を部分紹介します。...

カレル・ヴァン・ウォルフレン/著 『日本をどうする!?』

「憲法第九条がジョークなのは明々白々です。」リベラリストの知日派オランダ人、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏が著し、世界的ベストセラーとなった 『日本/権力構造の謎』の日本人読者から送られた「自衛隊と憲法の関係」に関する質問レターに著者が回答しました。『日本をどうする!?』(1991年 早川書房 )より憲法問題に関して述べられた箇所を紹介します。...

ロバート・ツチガネ/著 『アメリカでは常識の-ニッポン人取扱説明書-腹が立つけど、これが現実』

ロバート・ツチガネ教授/著、豊田有恒教授/訳 『アメリカでは常識の-ニッポン人取扱説明書-腹が立つけど、これが現実』 (平成16年 祥伝社)から、耳の痛い話を紹介します。...

江口克彦、永久寿夫/編 『21世紀日本国憲法私案 【新しい時代にあった国づくりのために】 』

『21世紀日本国憲法私案 【新しい時代にあった国づくりのために】 』(2004年11月 PHP研究所)江口克彦、永久寿夫編の「まえがき」の一部と「第六章」として纏められた安全保障の条文を紹介します。...

森本敏/著 『日本防衛再考論-自分の国を守るということ』

今の平和ボケの日本人に憲法9条の改正案は、はたして国民に受け入れられるのか。森本敏著『日本防衛再考論-自分の国を守るということ』(2008年5月 海竜社)から著者の憲法改正に関する見解を紹介します。...

桜田義孝/著 『元気だそう 日本 !桜田義孝の日本国改造私案 』

初代外務大臣政務官、桜田義孝衆議院議員の著書『元気だそう 日本 !桜田義孝の日本国改造私案 』から憲法改正の声を紹介します。...

正論編集部/編 『憲法の論点』

『憲法の論点』正論編集部/編(2004年10月)の巻末鼎談(安倍晋三、桜井よしこ、八木秀次)、---今こそ”呪縛”憲法と歴史”漂流”からの決別を---から引用紹介します。 いまだ自民党改憲案は未完成で、前段階の憲法改正プロジェクトチームによる論点整理が発表されただけの時点であり、国民投票法も無かったころの鼎談ですが、それゆえに三者とも実に若々しく、希望に満ちた話しぶりです。...

岡田直樹/著 『憲法改正序曲 ドキュメント平成17年』

当時、新人議員でありながらも自民党新憲法起草委員会前文小委員会事務局を務めていた岡田直樹議員が参院憲法調査会で若々しく改憲への希望を語りました。岡田直樹参議院議員著 『憲法改正序曲 ドキュメント平成17年』(北国新聞社 平成18年)から紹介します。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。