最近の記事 / タイトルクリックで全文表示

田原総一郎、岡本行夫/対談 「『外交』とは何か、『国益』とは何か」

ジャーナリスト田原総一郎と元内閣総理大臣補佐官、岡本行夫の対談本「『外交』とは何か、『国益』とは何か」(朝日新聞社 2005年発行)から憲法問題をテーマにした対談を紹介します。...

9条と共産党の変節

カテゴリ:護憲運動家の正体
日本共産党が護憲を訴えるようになったのは、「共産主義と対立する自由主義陣営に寄与する日本の防衛政策発展を妨害すること」が目的。9条護憲運動家の正体を見極めよう、そして彼らに騙されない様に注意しようシリーズ(その6)。阿部晃著『護憲メッタ斬り!』(夏目書房 2006年)より引用紹介します。...

憲法改正、賛成?反対?

憲法改正、賛成?反対?-第九条について真剣に考え、おおらかに議論しよう-『政治の「なぜ?」は図で考えると面白い』瀧澤中著(青春出版社 2007年発行)を紹介します。...

9条と革命的祖国敗北主義者の発言集

カテゴリ:護憲運動家の正体
熱心な護憲運動家が好む革命的祖国敗北主義者のあからさまな主張を紹介します。9条護憲運動家の正体を見極めよう、そして彼らに騙されない様に注意しようシリーズ(その5)。...

9条改正

まずはじめに9条護憲派の皆様に言いたいことがあります。政界でも法学会でも、巷でも護憲派と改憲派の議論がなされていますが、改憲派が何を望んでいるのかをはっきりさせたいと思います。この見解はおそらく殆ど全ての改憲派に共通するのではないでしょうか。しかしこれまで、このように説明してこなかったのではないでしょうか。...

大野功統/著 『ウォームハート』

テロ事件は、国境を越えた人道に対する挑戦。直ちに憲法九条を改正し万全の対応を。前防衛庁長官、大野功統著 『ウォームハート』(株式会社パレード 2006年 発行)より引用紹介します。...

柿谷勲夫の憲法改正に関する見解 WILL(2009年2月号)

憲法を改正せずに自衛隊を海外に派遣する政治は卑怯だ。軍事評論家:柿谷勲夫氏の憲法改正に関する見解をWILL(2009年2月号)より紹介します。...

9条と革命的祖国敗北主義

カテゴリ:護憲運動家の正体
9条護憲運動家の中心は革命的祖国敗北主義者。9条護憲運動家の正体を見極めよう、そして彼らに騙されない様に注意しようシリーズ(その4)。阿部晃著『護憲メッタ斬り!』(夏目書房 2006年)、その他より引用紹介します。...

平沢勝栄/著 『日本よ 国家たれ』

国家があり、国民があって憲法がある。この大原則を顧みず、憲法があって国家・国民があるというのでは「憲法栄えて国滅ぶ」でもよい、ということだ。平沢勝栄著『日本よ 国家たれ』(2002年 講談社発行)から憲法問題に関する著者の見解を紹介します。...

「祖国日本は仮想敵国」

カテゴリ:護憲運動家の正体
日本の9条護憲運動家の意見と北朝鮮政府の意見がそっくり。国民投票法を可決しただけで、「日本は戦争国家になる」とまで決め付けています。9条護憲運動家の正体を見極めよう、そして彼らに騙されない様に注意しようシリーズ(その3)。阿部晃著『護憲メッタ斬り!』(夏目書房 2006年)より引用紹介します。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。