上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正!

日本の平和と安全の確保のため、国民が自尊心を持てる為、日本が真の民主主義国家となるために日本国憲法を改正しよう。

9条改正

まずはじめに9条護憲派の皆様に言いたいことがあります。政界でも法学会でも、巷でも護憲派と改憲派の議論がなされていますが、改憲派が何を望んでいるのかをはっきりさせたいと思います。この見解はおそらく殆ど全ての改憲派に共通するのではないでしょうか。しかしこれまで、このように説明してこなかったのではないでしょうか。

国際連合憲章にて全ての国には個別的、および集団的自衛権を行使することが認められています。しかし「日本国は集団的自衛権行使は憲法上認められていない」と解釈されています。またいまだに自衛隊は違憲であるとか、個別的自衛権の行使さえも日本国には認められていないとする見解も法学会では根強く残っています。

そのため日本国が、そして日本人が国際社会で不当に不利益を被っています。この状態を正常化したい、日本を正常にしたい。そう願っています。その為には憲法の改正が絶対必要です。

憲法改正社は次の提案をします。

まず、憲法第九条を改正し、軍の保有を憲法に明文化します。それに伴って、法制度を整備します。それら各法に基づいて軍事力を整備し、実践即応可能な軍隊を確保します。

その上で、それらの軍をどのように使うのかを民主的に決めます。つまり各政党は軍の使い方をマニフェストに明記し、選挙で国民に問います。

ある政党は、「軍を一般国際社会で認識されているのと同様に、個別的集団的自衛のために状況に応じて使用するかどうか判断し、使用すべきときには使用するが、そうではないと判断したときには使用しない」と国民に宣言します。

別の党は、「いかなる状況であろうと集団的自衛権の行使には軍を使わないが、個別的自衛の際には軍を使用するかどうか判断し、使用すべきときには使用するが、そうではないと判断したときには使用しない」と国民に宣言します。

また別の党は「自衛であっても一切軍を使わない」と国民に宣言します。

国民は自分が納得するマニフェストを掲げている政党に選挙で投票します。

自国を守る体制を自分たちで決めるのです。そして選挙によって国民が選び取った国防方針が自分にとっては不本意なものであったとしても、その方針を万人が受け入れます。これが民主主義というものです。

このように憲法を改正すると、「9条護憲派」にとっても利点は大きいでしょう。なぜなら「9条護憲派」の皆様の普段の主張が国民に対して説得力があると信じるならば、あなたがたの主張するのと同じマニフェストを掲げた党が政権与党になるのですから

9条などなくとも、軍隊を保有していても、使わなければいいのでしょう?だったら問題ありませんね。「自衛であっても一切軍を使わない」という主張が「説得力ある」のなら、各政党は競って同マニフェストを掲げるでしょう。

それにもう「自衛隊は違憲」と主張する必要がなくなります。長年の自衛隊違憲・合憲のゴタゴタがきれいに解消されます。自衛隊は軍隊となり、合憲になりますから。

一方、集団的個別的自衛のために「軍を一般国際社会で認識されているのと同様に、個別的集団的自衛のために状況に応じて使用するかどうか判断し、使用すべきときには使用するが、そうではないと判断したときには使用しない」ことを宣言した党が政権与党になれば、そう希望する国民の意見が政策に反映されることになります。そうなれば「9条護憲派」は、もう「国民不在の政府の横暴」だと心配する必要がなくなります。

憲法9条を改正することによって、より説得力のある方針が国家の防衛政策に反映されるのです。しかし現在では、説得力の有無ではなく、常に国民の一方の見解だけ--つまり「日本は軍を保有しないし、保有しないので行使できない」という見解だけ--が国防政策に反映され、極めて不公平、不平等かつ非民主的です。

自衛という国の死活問題を国民が民主的に決めることを許さない国が民主主義国家であるはずがありません。日本はいかなる場合も軍隊を使用しないという側の主張が説得力があるとお考えなら、ぜひ憲法9条改正に賛成し、民主化運動にご協力お願いします。

「日本は、戦前・戦中は『天皇主権』であったが、戦後は『国民主権』の国になり、民主主義国家の道を歩んだ」というのは嘘です。実質的に戦後日本の主権者は『9条』であり、9条主権の国になってしまったのです。憲法9条は「お上」であり「天子様」であり国民は憲法9条様という主権者を「戴く」臣民、「九条の赤子(せきし)」にさせられたのです。

そして主権者9条様を守る側近の宮内庁ともいうべき人々が「憲法擁護運動」の方々で、ようするに「戦後60年以上に渡る、平和国家としての悠久の歴史と伝統に培われた主権者9条様を守り、万世一系の9条を改変させない」と言うことなのです。

このような発想は皇室を憲法に、天皇を9条に摩り替えているだけです。皇室は確かに長い伝統がレゾンデートルではありますが、日本国憲法など、占領軍に押しつけられた半植民地憲法にすぎません。日本が他国に屈服することで守られる平和など偽の平和です。

9条護憲派」の方々は、「自分たちの主張に説得力がないから」という理由で、憲法9条様を「戴い」て、9条を守るためとして、民主的に国防政策を決することから逃げるのは、もうやめてほしいのです。

これまでの護憲改憲論というのは、実際には、公平なルール作りを主張する「民主主義派」と公平なルールを作らせないという「既得権固執派」との間の論争だということです。そしていわゆる「9条護憲論」というのは「既得権を保持することの正当性、公平なルール作りを拒否する正当性」を述べているに過ぎません。

ですから民主主義を尊重擁護する者は改憲を主張することになり、「軍の使用可」派と「軍の絶対不使用」派とがマニフェストを戦わせ、何れの主張が説得力を持ってもその主張が政策に反映されるように憲法を改正すべきだと主張し続けています。

私たち改憲派は、公正、公平というルールを求めています。そのルールは改憲しなければ得られません。

一方、護憲派の言い分である、「軍を使用しない」という主張は改憲しても、説得力さえあれば、国民に認められるのです。

憲法改正!

日本の平和と安全の確保のため、国民が自尊心を持てる為、日本が真の民主主義国家となるために日本国憲法を改正しよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。