上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正!

日本の平和と安全の確保のため、国民が自尊心を持てる為、日本が真の民主主義国家となるために日本国憲法を改正しよう。

憲法第9条第2項を改正せよ-名も無き市民の会 

「名も無き市民の会」が衆参両議長に宛てて「憲法第9条第2項のみを改正し、自衛権及び自衛隊の存在を明記するよう求めた請願書を紹介します。

「名も無き市民の会 - official web site -」より

名も無き市民の会 - official web site -

衆議院議長殿・参議院議長殿

【 請願趣旨 】

本請願は、憲法第9条のうちの第2項のみを改正し、ここに日本国の自衛権と、陸海空の自衛隊の存在を明記するよう求める請願です。

憲法9条は、第1項において戦争の放棄を謳い上げ、第2項において「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」として、一見するとあらゆる自衛力・国防力の保有すらも否定している様にとられかねない表現を用いています。実際、この憲法9条2項は、今までに何度も自衛隊の存在を違憲視する根拠とされてきました。

もちろん我々も、第1項における戦争放棄の精神は、平和国家日本の礎であり、将来にわたって永く引き継がれるべきと考えます。

しかしながら、続く第2項文言の曖昧さから、日本国が自衛権自体を放棄しているとの解釈も成り立ってしまうおそれが常に存在し、そのため、日本国が保有する自衛力である陸海空の自衛隊組織が、戦後一貫して曖昧な立場におかれ続けている事態は、国防上の観点から好ましくないものと考えます。

また、自衛隊員及びその家族たちの憲法上の自己同一性を確かなものとするためにも、第2項に関しては部分的改正が必要であると考えます。

我々は、以上の考えより、憲法第9条第2項のみを改正し、ここに自衛権及び自衛隊の存在を明記するよう求めます。

【 請願事項 】

1、憲法第9条第2項のみを改正し、ここに自衛権及び自衛隊の存在を明記すること

おそらく改正されるとしたら、そこが焦点になるでしょう。「最高有権解釈者」とされる内閣法制局の現在の9条解釈のもとでの問題点のひとつに、自衛隊のアイデンティティー問題があり、それを解決することが9条解釈問題の最優先事項であることには大いに同意します。

しかも、「自衛のための最小限度の武力」しか行為できない為に集団的自衛権も行使できず、集団安全保障体制の一環としての国連軍にも参加できず、有志連合にも軍事的に参加できないという問題も解決します。

憲法改正社としては9条1項も文面を変える必要があると主張し続けますが、それができないなら、最悪2項のみの改正でもやむを得ないとの認識に立っています。

憲法改正!

日本の平和と安全の確保のため、国民が自尊心を持てる為、日本が真の民主主義国家となるために日本国憲法を改正しよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。